配合されるL-システインの作用について

サプリ

キミエホワイトプラスは、アスコルビン酸、L-システイン、そして従来の製品になかったパントテン酸カルシウムを配合した第3類医薬品です。キミエホワイトプラスはL-システインは240㎎と、十分な量が配合されているところがポイントです。このL-システインは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種です。皮膚のターンオーバー(細胞の生まれ代わり)を促進したり、皮膚にメラニン色素が蓄積するのを防いだりする作用があるとされ、しみ、そばかす用の薬にはしばしば配合されています。L-システインは通常の食事からも摂取できますが、美容や健康に良い効果を期待するならば、規則正しい食事に合わせて、医薬品からも集中的に摂取することがのぞましいです。

アスコルビン酸、パントテン酸について

サプリ

キミエホワイトプラスに配合されるアスコルビン酸はビタミンCのことです。メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果が期待されています。またコラーゲンの生成に関与し肌のコラーゲン生成を促進させるので、すこやかな肌を作るときにも欠かせません。パントテン酸は私たちの体に必要なビタミンB群の仲間です。パントテン酸カルシウムは皮膚のターンオーバーや肝臓の解毒作用を促進させたりする作用があるとされています。

どのような症状や悩みをサポートするのか

サプリ白

キミエホワイトプラスは、しみ、そばかす、日やけといった色素が皮膚に沈着する症状を、体の内側からサポートしていく錠剤タイプの薬です。主にしみやそばかすに良い薬として知られますが、にきびや、湿疹、そしてじんましん、かぶれといった肌トラブルにも効果が期待できます。また、肌の症状だけでなく倦怠感や疲労、二日酔いがあるときにも利用できる薬です。この薬は15歳から利用でき、1回1錠を1日3回を服用し続けることで少しずつ体にはたらきかけて気になる症状をサポートしていきます。

成分がどのように効いていくのか

錠剤

キミエホワイトプラスは病院から処方される薬と異なり、体の内側からおだやかに働きかける薬です。そのため、毎日継続してしばらく飲み続けると効果が期待できるようになります。アスコルビン酸とL-システインはしみやそばかすなどにはたらきかけ、パントテン酸カルシウムが肝臓の解毒作用を促進することで二日酔いや倦怠感の症状をサポートします。またパントテン酸カルシウムはかぶれやくすりまけをやわらげ、すこやかな肌に導きます。キミエホワイトプラスは美容が気になる女性はもちろん、仕事で忙しく疲れやすい人やお酒を飲む機会が置く二日酔いに悩まされている男性にもおすすめできます。気になる点があれば、服用する前に薬剤師やメーカーに相談すると安心です。服用する際は使用上の注意を守って正しく利用しましょう。

広告募集中